年明け、あけましておめでとうございます、これは現在「1月1日」に統一されてますけど、

旧正月とか、

旧暦とか、

節分とか、

立春とか、

聞かれたことありますよね?

 

ややこしいです。訳がわかりません。

旧暦における旧正月は、2017年は1月28日(毎年変動)、

立春は2月4日、

節分は立春の1日前、

となっています。
現在の暦は太陽の動きを基にしていて、旧暦は月の動きを基にしています。現在の暦の歴史は浅く、明治時代初頭からになります。

現在の基準と、昔の基準の名残りのようなものがあって、ややこしくなってるんですね。

 

月の動き、満ち欠け、一周期を基準としたとき、ひと月は29.5日となります。そうなると年は今の365日より短くなり、354日となるんです。

すると、現在の「閏年(うるうどし)」という、4年に1回、1日の調整でなく、3年くらいに一度「閏月(うるうづき)」を入れる必要が出てくるんですね。

3年くらいで、一ヶ月ずれちゃうんです。

そうなると、一年が12ヶ月の年もあれば、13ヶ月の年もあります。

困ったのは誰か。想像してみてください。

給料を払う側です。具体的には、こうした状況に対し、融通が利かない立場にいる公務員
に給料を支払う側の、国の体制側の人間です。

こりゃあ参ったなと。給料払いたくないよ。

同じ一年なのに、給料をひと月分多く支払わなければなりません。だからこうした事実が、旧暦から新暦のシフトに拍車を掛けた、と言われています。

旧暦と旧正月の考え方はわかりました。

 

次に、立春と節分です。

これは「二十四節気(にじゅうよんせっき)」という別の価値観が基準となります。

これは月の動きを基準とした暦(旧暦)と、季節のずれを調整するために考え出されたのが発端なんですよ。

そうはいっても。

2月4日、立春。春が立つ。

寒いです。

2月4日、思いっきり寒いじゃないですか。

ここに誤解があります。

立春とは「今が寒さのピークです。 これ以降はだんだん暖かくなっていきますから」という意味なんですね。

 

安心してくださいね。

 

発祥は中国華北地方、このあたりです。いまの北京などが含まれますが、日本で言うと宮城とか少し寒い地方と同じくらいでして、一番寒い時期、を表すのが立春なんですね。

立春が新年、その一日前が節分、大晦日というわけですね。

このあたり、現在の価値観と昔の価値観がごっちゃに共生していて、とってもわかりづらいですよね。まあ、新暦なんて要らなかったんですよ。新暦ってのは太陽を基準としていますからね。ギラギラした狩猟民族の考え方ですよ。攻撃的なんです。

旧暦とは太陽太陰暦です。陰と陽を兼ね備えた、素晴らしい考え方です。

ああ、日本人に生まれてよかった。

旧暦、二十四節気、このあたり価値観は、風水の基準となるもので、人間の生活に幸を呼ぶ判断基準となるものなので、権力者層、明治維新以後はなんちゃら商会とかの外人、終戦後は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ、進駐軍)によって封じられたんでしょうね~。

 

そこで私の登場ですよ。

旧暦、二十四節気から導き出される吉方位という厳然たる法則があって、詳細にお伝えしてしちゃいます!というわけです。

というわけで、ちょっと遅ればせながら、HP開設の意味も込めまして…

あけましておめでとうございます!

 

今年もよろしくお願いします!